ラベンハムともコラボした、ロンドンのデニムファクトリー、<br>Blackhorse Lane Atrierとは。

ラベンハムともコラボした、ロンドンのデニムファクトリー、
Blackhorse Lane Atrierとは。

ラベンハムともコラボした、ロンドンのデニムファクトリー、<br>Blackhorse Lane Atrierとは。

今シーズンのラベンハムのプロダクトの目玉のひとつに、ロンドンのデニムファクトリー、Blackhourse Lane Artier(ブラックホース レーン アトリエ / 以下 ブラックホース レーン)とコラボレーションしたカプセルコレクションがあります。

ラベンハムとデニムブランドというコラボレーション自体が珍しいのですが、今回は多くの人に馴染みの薄いブランドとのプロダクトということもあるので、日本の皆様にはご説明が必要でしょう。

ところがブラックホース レーンは、英国においてもまだあまり知られていません。というのも、このファクトリーブランドが立ち上がったのは、つい最近の2016年。しかしながら、世界中のハイエンドなファッションが集まる「ドーバーストリートマーケット ロンドン」においても早々にピックアップされるなど、ファッション界から熱い視線を注がれているブランドでもあります。

それは何か派手な仕掛けをしていたり、著名人が履いているから、という類のものではありません。むしろ非常に実直な物づくりをしていることから、瞬く間に注目を浴びる存在となったのです。

ブラックホースレーンの工場。この外観がブランドのロゴにもなっています。

ブラックホース レーンの工場。この外観がブランドのロゴにもなっています。

IMG_1494

ロンドンは地価も高騰しているため、広いスペースを必要とする工場はロンドンの郊外に構える方が効率的なのですが、ブラックホース レーンのファクトリーはあえてロンドンのZONE3に位置するウォルサムストウという地区のブラックホースロード駅前から続く、「ブラックホース レーン」という通り沿いにあります。またほとんどの生産拠点が海外に置かれる中で、MADE IN LONDONのデニムにこだわっている点も現代においては特異と言えるでしょう。

工場には様々なミシンがあり、中には1920年代製のものもあります。

工場には様々なミシンがあり、中には1920年代製のものもあります。

クオリティ優先のものづくりが日々行われています。

クオリティ優先のものづくりが日々行われています。

ブラックホース レーンは環境に対する影響を重要視しており、生産過程において排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの出処を調べて把握することにも高い意識を持っています。

IMG_1556
工場にはレザーグッズの製作やインディゴ染めを修学できるワークショップが併設されています。

工場にはレザーグッズの製作やインディゴ染めを修学できるワークショップが併設されています。

しかもこのブランドは、資源の活用を最小限に抑えるために、無料のリペアサービスも行っているほか、工場内にワークショップを併設することで、若手のクリエイターが修学できる環境も提供しています。

IMG_1586

こうした高い生産者意識のあるブラックホース レーンは、ファストファッションなどに疑問を感じていた人やショップに強く支持される結果となっているのです。もちろんプロダクトに対してのこだわりも深いため、そのデニムは高い人気を誇っています。

IMG_1581

今回のラベンハムとのコラボレーションでは、14オンスデニムの生地の手配をブラックホース レーンが行い、その生地をラベンハムの工場がキルティングを行いました。縦に走るキルトステッチによって、着用するとステッチがストライプのように見え、着込むことによって徐々にステッチが生地に馴染んでいくのが特徴です。

プロダクトが生まれる背景にまだこだわったブラックホース レーンとのコラボレーションは、ぜひ店頭でお手に取ってご覧下さい。