ユナイテッドアローズ別注のあのモデルが、“出張の味方”パッカブル仕様になって登場。

ユナイテッドアローズ別注のあのモデルが、“出張の味方”パッカブル仕様になって登場。

ユナイテッドアローズ別注のあのモデルが、“出張の味方”パッカブル仕様になって登場。

継続的に展開しているラベンハムと[UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)]との別注シリーズ。秋冬ものでは長年別注を続けて来ましたが、昨年の春からデタッチャブルライナーにキルティングを用いた[ALDHAM(アルドハム)]というモデルの展開を開始しました。
前シーズンは春らしい色で登場しましたが、今シーズンは少しシックなカラバリで再登場。しかも今回はコンパクトに収納が可能なパッカブル式にアップデートされています。昨年に引き続き、バイヤーの豊永譲司さんにお話をうかがいました。

 

2018年春からのアップデート

昨年春に続き、2シーズン目突入となるユナイテッドアローズとの別注モデル[アルドハム]。このモデルは、ラベンハムのアイデンティティであるキルティングをデタッチャブル式のライナーとして採用することで、すっきりとした見た目とロングシーズンで使える機能性を備えたアイテムです。

ライナーはラウンド式のジップで簡単に取り外しができるので、外出前や出先でもパッと着脱ができ、ライナーをつければ寒い時期から、取り外せば春いっぱいは使えるようになっています。

「もともと秋冬シーズンのラベンハムは、この何年もユナイテッドアローズの中で非常に好調なのですが、昨年春に登場したこのモデルは、『春にコートはいらないな』と思っている方が多い中では、かなりのお客様に手にしていただけるものになったと思います」

ユナイテッドアローズといえば、ビジネスシーンでも使えるウェアを探している人が多いセレクトショップ。ラベンハムもやはりビジネス用のアウターとして探している方の比重が多いということです。

「ラベンハムといえば[デンハム]という定番モデルのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。スーツを着て電車に乗るとか、いわゆる通勤を含めた日常使いをする方にとって、[デンハム]の腰回りの丈感は個人的にも王道だなと思います。この[アルドハム]はそうしたラベンハムらしい、[デンハム]らしい丈感やシルエットを踏襲しているので、ビジネスでも使いやすいものになっていると思います」

前シーズンは、ブラック以外にはホワイトとオレンジという、珍しいカラーの展開もあり、人気も高かったと言うことですが、今シーズンはシックにブラックとモカブラウンの2色展開です。

「色をオーセンティンクに戻したのは、ユナイテッドアローズ全体のテーマが“ブリティッシュ”だったこともあるのと、実際のところこのモデルはスーツやビジネスシーンで使う方が多いということがわかったからなんです。スプリング向けの色味として今回提案しているモカブラウンは、今日僕が着ているようなグレーのスーツとも相性が良いと思います」

襟裏はアイコニックであるダイヤモンドキルトになっており、台襟がある為、立ち上がりも綺麗。

そして今シーズン特筆なのは、このモデルにパッカブルとして収納できる専用ケースが付属した点です。

「もちろんそのまま折りたたんでいただいてもいいのですが、やはりこのスペックは出張などに出ることの多いビジネスマンの方には、さらに道具としての魅力を感じていただけると考え、ライナーをつけた状態でもコンパクトに収まるサイズのケースを作らせていただきました。現在も店頭では、このケースに商品を入れた状態の陳列もしています。もちろんそれが購入いただく決定打になるわけではないと思いますが、手にとって見ていただける方が増えていると実感しています。ご自身が出張などにこの一着を持っていくことを想像していただきやすいのだと思います」

ちなみにこの[アルドハム]の表地には「ポリテックタッサー」という素材を使っており、撥水性もあるため、レインコート的用途としても使うことができます。寒い時期は薄手の防寒アウターとして、暖かくなってきたらライナーを外してライトアウターに。そして雨天の日にはレインウェアとしても着られて、パッカブル。
日常のビジネスシーンから、出張まで幅広くカバーできる魅力的な一着になっています。