[ラベンハム・スナップ2018AW]UNITED ARROWS MENS編

[ラベンハム・スナップ2018AW]UNITED ARROWS MENS編

[ラベンハム・スナップ2018AW]UNITED ARROWS MENS編

ラベンハムを取り扱っているショップや、コラボレーション、別注モデルを手がけているブランドの方に登場いただく新企画、「ラベンハム・スナップ」。今回は「ユナイテッドアローズ」のメンズプレスの辻典秀さん、藤原和広さん、そして「ユナイテッドアローズ銀座店」店長の白杉太一さん、そしてスタッフの望月亨太さんにご登場いただきます。

 

1. ロングタイプのコートをカジュアルに着こなしたコーディネート(プレス 辻さん)

過去にウィメンズのインラインで展開していたロングコートをメンズサイズにアレンジし、さらにパッチポケット、スナップボタン、サイドベンツといった定番のデザインに変更した今季の[ユナイテッドアローズ]の別注コート。このモデルを、冬らしいカジュアルなコーディネートで着こなしていただいたのがプレスの辻さんです。

「黒のポリエステルの定番のデザインなので、インナーにネップのニット、コーデュロイのパンツを合わせることで、あえてポリエステルとの素材感のミスマッチを出し、全体的に落ち着いたトーンの中にチェックで明るさをプラスしました。着丈の長いコートで、カジュアルにもモダンにも合わせられるので、バサっと羽織る感覚で着ていただけるモデルになっていると思います」(辻さん)

 

2. ウール素材のロングコートをビジネススタイルで着こなしたコーディネート(プレス 藤原さん)

プレスの辻さんに着用いただいたものと同じ別注モデル[ワードウェル]の素材違いを、スーツのビジネススタイルで登場いただいたのがプレスの藤原さん。同じモデルでありながらも、素材が変わるだけでカジュアルからビジネスまで幅広く着られることがよく分かります。

「ラベンハムの魅力のひとつは汎用性の高さだと思います。どのモデルもカジュアルなテイストですが、不思議とスーツやジャケットスタイルなどのビジネスウェアにもマッチします。このモデルは丈が長く、エレガントさがあるので、グレートーンのダブルのスーツを合わせてみました」(藤原さん)

 

3. カラー、そして小物にまでこだわりが行き届いたコーディネート(銀座店 店長 白杉さん)

「ユナイテッドアローズ 銀座店」の店長を務める白杉さんは、裏地と中綿を高機能素材に変更した別注モデルの[DENHAM(デンハム)]を着用して登場。一目で上級さの伝わるコーディネートには、色の合わせ方や小物使いなど、随所のこだわりがばらつくことなく統一感を生み出しているからと言えそうです。

「ラベンハムはオン・オフを問わず、スタイルを選ばずに着られるところが魅力です。今回は、グレーフランネルがいまの気分の中、このブリティッシュグリーンを合わせることで英国スタイルをイメージしました。チーフや時計の中にもグリーンを差し色に使うことで、クリーンな統一感を表現してみました」(白杉さん)

 

4. ジャケット&パンツスタイルに、スマートにラベンハムを合わせたコーディネート(銀座店スタッフ 望月さん)

今シーズン[ユナイテッドアローズ]が素材別注をした、フード付きの定番モデル[DENSTON(デンストン)]をジャケット&パンツのスタイルにさらりと纏って登場いただいたのは、「ユナイテッドアローズ 銀座店」スタッフの望月さん。

「ラベンハムは変わらないオーセンティックなデザインで、オン・オフ兼用できる便利なブランドです。今日僕が着ているようなカジュアルなジャケパンのスタイルには、フード付きの[デンストン]が相性良し、です。素材別注でインラインよりも光沢感のあるフランネル素材になっているので、カジュアルなだけでなく上品さもプラスされています」

 

《ユナイテッドアローズ 今季別注のラベンハムの魅力》

[ユナイテッドアローズ]には、定番モデルの素材別注、それからトレンドを意識したロングコートの新作など、バリエーションが揃っています。ビジネスからカジュアルまで幅広くラインナップしている中で、ラベンハムも幅広いスタイルに対応できるラインナップになっています。