[ラベンハム・スナップ2018AW]Spick&Span 編

[ラベンハム・スナップ2018AW]Spick&Span 編

[ラベンハム・スナップ2018AW]Spick&Span 編

ラベンハムを取り扱っているショップや、コラボレーション、別注モデルを手がけているブランドの方に登場いただく新企画、「ラベンハム・スナップ」。今回は[Spick&Span(スピック&スパン)]のプレス・稲葉真理恵さんとショップスタッフの亀高愛里さんに登場いただきます。

 

1. インナーにボーダータートルを合わせた、豹柄×ボーダーのコーディネート(プレス 稲葉さん)

メンズモデルのフード・ロングコート[BARNINGHAM(バーミンガム)]に、[スピック&スパン]が裏地を豹柄のファーに変更したモデルを着用して登場したプレスの稲葉さん。ヨーロッパカジュアルを感じさせるようなコーディネートになっています。

「柄on柄でも、ボーダーに豹柄は“アリ”とされているので、今回のコーディネートで挑戦してみました。足元はオーセンティックなローファーで、スキニーデニムを合わせています」(稲葉さん)

 

2. ニットワンピースにロングブーツを合わせたバランスコーディネート(ショップスタッフ 亀高さん)

[スピック&スパン]別注モデルのもうひとつのカラーは上品なカーキ。裏地もベージュ系になっているので、使いやすいモデルになっています。ショップスタッフの亀高さんは、秋冬らしい柄の[スピック&スパン]の白いニットワンピースを合わせました。

「秋冬の王道でもあるフェアアイル柄のニットワンピースに、今季流行って来ているロングブーツを合わせました。トレンド感と全体的なバランス感を考えたコーディネートです」(亀高さん)

 

3. フードonフード、ワンピース×フードパーカの上級コーデ(プレス 稲葉さん)

上でショップスタッフの亀高さんが着用していたラベンハムを、プレスの稲葉さんがまったく違うコーディネートにアレンジして登場。フードモデルの[バーミンガム ファー]のインナーに、フードパーカを合わせて、フードonフードにするという上級テクニックです。スカートのようにも見えますが、実はワンピースを合わせているのも見逃せません。

「ワンピースは実はオールシーズン着られる便利なアイテムなので、スカートのような感覚で使っています。あまりほっこりしないように色のトーンを合わせたパーカで、スポーティな要素を加えています」(稲葉さん)

 

4. インナーをブラウン系のトーンで合わせたコーディネート(ショップスタッフ 亀高さん)

裏地ファーの豹柄を引き立たせるように、足元からトップスまでを全体的にブラウン系のカラー統一したコーディネート。首元がゆったりとしたタートルネックや、ワイド目のコーデュロイパンツなどトレンドをしっかり取り入れつつ、シンプルで真似のしやすいスタイルになっています。

「秋冬らしく、全体をブラウン系でコーディネートしているのですが、足元はあえて素足にヒールを合わせて抜け感があるようにしています」(亀高さん)

 

《スピック&スパン 今季別注のラベンハムの魅力》

「軽くて暖かいという機能性はありながら、トレンドのAラインで着られるので、すでに店頭でも大人気アイテムになっています。フードの立ち具合もいいので、顔まわりをスッキリ見せられるところもポイント。キレイ目なコーディネートにもカジュアルにも使えるだけでなく、流行り物ではないので、年齢を重ねても持っていられるアイテムだと思います」(プレス 稲葉さん)