[ラベンハム・スナップ2018AW]SHIPS WOMENS 編

[ラベンハム・スナップ2018AW]SHIPS WOMENS 編

[ラベンハム・スナップ2018AW]SHIPS WOMENS 編

ラベンハムを取り扱っているショップや、コラボレーション、別注モデルを手がけているブランドの方に登場いただく新企画、「ラベンハム・スナップ」。今回は「SHIPS(シップス)」のWOMENSプレスの鈴木悠華さん、「SHIPS有楽町店」のスタッフ・新山葵さん、「SHIPS 渋谷店」の副店長でショップ・プレスの安孫子佳奈さんにご登場いただきます。

 

1. ノーカラーのロングコートを上品にまとめたコーディネート(WOMENSプレス 鈴木さん)

インラインの[BRUNDON FUR(ブランドン ファー)]はフード一体型ですが、フードの取り外しができるように「SHIPS」が別注した[BRUNDON FUR(ブランドン ファー) LADIES DH]を着用して登場いただいたWOMENSプレスの鈴木さん。カラーや特徴を生かした上品なコーディネートになっています。
「フードを取り外すとノーカラーの良さが出るので、タートルネックのニットと合わせました。丈も長すぎずちょうど良いので、ロング丈のワンピースとも相性がいいんです」

鈴木さんから見たこのモデルの魅力は、「軽く、保温性がしっかりしているので、中にたくさん着込まなくても良いところ。そしてすっきりしたデザインなので女性らしく着られます」

 

2. ラベンハムのクラシックなイメージにチェックやベレー帽などを合わせたコーディネート(SHIPS 渋谷店 副店長 ショップ・プレス 安孫子さん)

ショート丈の[CRAYDON FUR(クレイドン ファー)]のフードを取り外し可能に「SHIPS」が別注した[CRAYDON FUR(クレイドン ファー)LADIES DH]で登場いただいたのは、「SHIPS渋谷店」の副店長の安孫子さん。クラシックかつコンテンポラリーなコーディネートです。

「ラベンハムのクラシックなイメージに合わせて、チェックやベレー帽、スカーフといったアイテムを選びました。その中にも、トップスとの丈感やワイドパンツなど全体のバランスで今っぽさを出せるように意識してコーディネートしています」

安孫子さんから見たこのモデルの魅力は「軽くて着やすく、暖かさもあるところ。ベーシックなデザインなので、飽きが来ずに長く愛用できるのも魅力です」

 

3. キルティングの素材感を活かしたシンプルなコーディネート(SHIPS有楽町店 ショップスタッフ 新山さん)

こちらも渋谷店の安孫子さんと同じモデルのカラー違いを着用して登場いただいた「SHIPS有楽町店」のショップスタッフの新山さん。暗めでシックなカラーのアウターのインナーにはあえて明るめのニットを持って着たところがポイント。

「キルティングの表面感を生かすために、あえて柄なしのシンプルなコーディネートにしました。アウターが黒なので、中のニットはウインターマリンをテーマに明るめカラーで合わせています」

新山さんの考えるラベンハムの魅力は、「ベーシックなデザインで飽きがこないので、長年着用できるところです」

 

《SHIPS WOMENS 今季別注のラベンハムの魅力》

「内側にファーが配されて、より暖かくなった[ブランドン]と[クレイドン]ですが、今回SHIPSではそれぞれのモデルのフード部分の取り外しを可能にしたことで、ノーカラーでも使えるようにしたところがポイントです。気温や気分に合わせて、一着でより多様なコーディネートを楽しめるようになっています」(プレス 鈴木さん)