MY LAVENHAM STORY – その2<br> スタイリスト 小川夢乃さん

MY LAVENHAM STORY – その2
スタイリスト 小川夢乃さん

MY LAVENHAM STORY – その2<br> スタイリスト 小川夢乃さん

LAVENHAMのことをよく知る人に話を聞く、「MY LAVENHAM STORY」。第二回は、2015年のシーズンビジュアルのスタイリングも手がけられたスタイリストの小川夢乃さんです。洗練されたスタイルの中に、どこかクラシックでレトロなアイテムや色を盛り込む小川さんは、LAVENHAMの世界観をどうやって創ってきたのか。LAVENHAMが数多く並ぶ、「ブリティシュメイド」のお店で話を伺いました。

小川さんはカタログのスタイリングをされる前は、LAVENHAMにどのような印象をお持ちでしたか?

「お仕事させてもらう前は、キルティングのウェアということもあり、割と“ほっこりとしたイメージ”があったんです。モード寄りの“カッコいいもの”というよりは、もう少し暮らしに寄り添うような、少しナチュラルなイメージでしたね」

実際にカタログの仕事でたくさんの商品をご覧になって、そのイメージに変化はありましたか?

「いざ撮影のスタイリングをすることになって商品を拝見したら、実は私が知っていたよりも、素材やモデルが沢山あったんです。ツイード素材のものがあったり、チェスターコートのようなものもありましたし、少しクラシックな60sっぽいものもあったりして、『あ、こんなにいっぱいあったんだ』と。だから“ほっこりしている”というよりは、もっと色んな服に合わせられるブランドだったんだと気づきましたね。実際スタイリングもやりやすかったと思います。私は自分自身が着るものもスタイリングも、少しクラシックでレトロなもの、あとは色のあるものが好きなんですが、LAVENHAMは割とシックなものが多いので、そこに色を合わせたり、クラシックなものを合わせるのは逆にやりやすかったですね。スタイリングするモデルのキャラクター設定もイメージがすぐに湧いてきました。『この子は少し勉強好き』とか(笑)。あとは結構なレイヤードをしたコーディネートも作ったりしましたね」

その時のカタログを拝見すると、小川さんがいま仰ったような、少し日常ではレベルの高いスタイリングも出ていたりもしますね。

「私がカタログでやったスタイリングを、日常でそのまま着ることは少し難しいかもしれないですけど、『あ、このアイテムにはこの色も合うんだ』とか、『これにパンツを合わせるとこうなるんだ』みたいに、コーディネートを考えるヒントになってくれればいいなと思います。実際LAVENHAMのアイテムも、アウトドアっぽかったりするものもあれば、場合によってはモードっぽくも使えるものもあるので、そういうアイテムの幅の広さも伝えたかったポイントです」

何か機能面で気づいたことはありますか?

「実生活でLAVENHAMを着ることを想定したときに思うのは、私も昔会社に勤めていた経験があるので分かるのですが、たとえば冬場にダウンジャケットだと、通勤で電車に乗っているとかなり暑いですよね? 電車で暑くて、会社に着いたらまた暑かったり。あと、ダウンだと、モコモコしてしまうので、エレガントな方向にはなりにくいですよね。LAVENHAMはそういう暖かさという機能性もあるけど、たとえばスーツの上に着てもいいくらいスッキリとしているので、こういう東京みたいな場所における見た目と機能の両方が伴っている服だなと思います。あと、着ると結構シルエットが綺麗なんですよね、思っているよりも着膨れしないんです」

my-lav-story-02-02
モデル名:CHANTRY(シャントリー)

価格:¥49,000(+TAX)
URL:http://www.british-made.jp/fs/british/lavenham/gd1376
※ LAVENHAMを取り扱うセレクトショップ「BRITISH MADE」の商品ページに飛びます。

新作の中で何か気になるものはありましたか?

「私はもともと色味のあるものが好きだし、最近の多くの人の服装を見ているとやたら黒い服の人が多過ぎるなあと思っていたので、本来だと色のあるものを選ぶんですが、このロングコートは黒だけどいいですね(笑)。これも『こんなのあったんだ』と気づかされたひとつです」 

小川さんから見て、LAVENHAMの魅力はどういうところでしょうか。

「誰にでも“絶対似合うものがある”ところかもしれないですね。私がお仕事したカタログでも、さまざまなタイプの人や年齢の人をモデルにしたのですが、汎用性が高い服でした。着方にも“正解がない服”だから何を合わせてもいいし、その人のスタイルで着ることができるところが魅力ではないでしょうか」

my-lav-story-02-03
モデル名:GUNTON(ガントン)

価格:¥59,000(+TAX)
URL:http://www.british-made.jp/fs/british/lavenham/gd1590
※ LAVENHAMを取り扱うセレクトショップ「BRITISH MADE」の商品ページに飛びます。