バイヤーズ・リコメンド − その10<br>TOMORROWLAND 神谷真太郎さん<br>「またラベンハム人気が上がってきていると感じます」

バイヤーズ・リコメンド − その10
TOMORROWLAND 神谷真太郎さん
「またラベンハム人気が上がってきていると感じます」

バイヤーズ・リコメンド − その10<br>TOMORROWLAND 神谷真太郎さん<br>「またラベンハム人気が上がってきていると感じます」

ラベンハムを取り扱っているショップやブランドは、ラベンハムのどんな部分に魅力を感じているのか。今回はセレクトショップTOMORROWLAND(トゥモローランド)のバイヤー、神谷真太郎さんにお話をうかがいました。

オリジンを紹介するということ

清潔感のあるビジネススタイルやカジュアルウェアを提案しているセレクトショップのトゥモローランド(TOMORROWLAND)。今回お話を聞いたメンズカテゴリーのバイヤーである神谷真太郎さんは、ラベンハムのほか、多くのメンズ商品の買い付けを担当されています。

「トゥモローランドでは長年ラベンハムを取り扱っています。僕が入社した12年前にはすでにお店にあったので、15年以上のお付き合いになるかもしれません。もちろん当店のお客さまには、ラベンハムは“キルティングジャケットのオリジン”としてしっかり浸透しています」。オリジナル商品も数多く揃えているトゥモローランドで、買い付けをするブランドや商品の基準は「本物にこだわっていること」と神谷さん。「キルティングジャケットは、作ろうと思えばオリジナルでも作れるんです。でもやっぱりオリジンのブランドを紹介することに意味があると思っています」。

ビジネスマンが来店することが多いトゥモローランドでは、やはり仕事用にラベンハムを買い求める方が多いそうです。「ラベンハムはオンからオフまで使えるのですが、ウチのお店はドレスカジュアルをお求めになる方が多いので、ラベンハムもスーツの上に着るものとして提案することが多いです」。スーツのアウターとしてラベンハムがおすすめできる理由のひとつに、“ジャケットの裾が隠れる”というポイントがあると言います。「コート以外のアウターは、ジャケットの裾が出てしまうものも多いのですが、どうしても見栄え的に美しくないので、僕らはあまりオススメしていないんです」。

神谷さんは最近のビジネススタイルに少し変化を感じているそうです。「去年くらいまでは、ビジネスシーンでもカジュアルなスタイルが多かったんです。たとえばスニーカーを履いたり、Tシャツでも仕事に行ったり。でもそれが今年からまたドレスに戻ってきています。レザーシューズの売り上げも上がっているのですが、みなさんがカジュアルなスタイルに飽き始めたのだと思います。特に大人の方は、カジュアルな格好をすると若い人と同じように見えてしまう。でも30代、40代の方になると、買えるものの値段も変わってくるし、スーツを着ればちゃんと差が出ます。そういう流れの中で、ラベンハムの人気も上がってきていると感じますし、新しい世代の購入者も増えています」。

今シーズンの別注企画

毎シーズン、トゥモローランドにはラベンハムの別注商品が並んでいます。特に今シーズンからは、ラベンハムのタグの中に「TOMORROWLAND」という名前が織られたコラボレーションタグも登場しました。「ここ数年でラベンハムのイメージが良い意味で変わってきていて、トゥモローランドのお客さまにもよりフィットしていると感じたので、さらに本格的に展開しようという思いを込めて、スペシャルなダブルネームタグをオファーしました。英国本社から返事をいただくまでに半年くらいかかったのですが、仕上がったタグには王道感があって、実現して良かったと思いました」。

今シーズンのトゥモローランドの別注は、レギュラーコレクションにあったダッフルコートのサイジングを変更し、生地はMALLALIEUSのプレーンなウール地を使用した[FRAMSDEN(フラムスデン)]と、MALLALIEUSのウール地のウィンドーペン柄を使用した[DENSTON 2S(デンストン 2S)]。「ダッフルコートはメインラインの新型モデルのサイジングを少しコンパクトにしていて、どちらのモデルもメインラインに入っていない生地をオーダーしています。なぜ別注をしているかというと、定番モデルだけだとスタンダード過ぎるし、うちのお客さまはもう少しデザイン感のあるものを求められているからです。そのせいか、多少高額でも別注モデルの方から先に売れていく傾向にありますね」。

都会のビジネスマンを中心にラベンハムが支持されている理由の一つとして、神谷さんは少しユニークな分析をしています。「女性の方にも認知されているブランド、という点は実は大きいのではないかと思っています。例えば会食の席でアウターを脱いだ時に、そこにラベンハムのロゴがあれば、女性も安心感がありますよね(笑)。」。