編集者に聞くラベンハム。編集者 / スタイリスト 浅井ゆみ香さん編

編集者に聞くラベンハム。編集者 / スタイリスト 浅井ゆみ香さん編

編集者に聞くラベンハム。編集者 / スタイリスト 浅井ゆみ香さん編

定番モデルや新作モデルのコーディネート例をお伝えするラベンハムのモデル着用ルックは、スタイリストさんによるプロフェッショナルな知見とセンスをお借りしています。そこで今回は、2018AWシーズンのウィメンズルックを手がけていただいた、編集者でありスタイリストの浅井ゆみ香さんに、今シーズンのスタイリングのポイントをお聞きしました。

「いただいたオーダー内容が“英国らしさ”というところで、チェックの柄を入れたり、素材感にも気を配りました。キルティングジャケットを着るシーンをスタイルで分けて、8体のコーディネートを作っています。全体的にシンプルなコーディネートですが、レディースらしく小物などで遊びを加えています」

 

1. [クレイドン]を使ったカジュアルなコーディネート

「フード付きの定番モデル[クレイドン]は、カジュアルなスタイリングにしています。茶色系のモデルだったので、スカートやトートバッグのレザー部分などで色味を合わせていて、白いシューズと白いトートバッグで抜け感を出しました。インナーに着せているモヘアのニットの素材感もこだわったポイントです。[クレイドン]はタイト目でコンパクトなモデルなので、スカートに少しボリュームを出しています」

 

2. [パルグレイブ]を使ったシンプルで上品なコーディネート

「この[パルグレイブ]はコクーンシルエットと、ラベンハムらしいキルティングとウールの切り替えの素材感が特徴なのですが、アイテム自体に割とパンチがあるので、キレイに見えるようにコーディネートしています。ノーカラーの首元で抜け感を出すことで女性らしい雰囲気を足しています。また、シャギーニットとツィードスカートを合わせ、素材で英国感を演出しています。スカートもボリュームの抑えたものを選ぶことでアウターのコクーンシルエットが伝わりやすいバランスのスタイリングにしてみました」

 

3. ノーカラーの[ラウンド]を使ったフレンチなコーディネート

「ノーカラーでブラックとモードな雰囲気もあるアイテムなので、少し遊びの要素を加えてみようと、白いガンジーセーターにツナギを合わせてみました。ウィンターマリンテイストでフレンチっぽい雰囲気もありつつ、赤いソックスとグレンチェックのストールといった小物で英国感もプラスしています。少しレベルの高いコーディネートかもしれませんが、今っぽいものにも合わせられるラベンハムの幅の広さが表現できたと思います」

 

4. [グリンステッド]を使ったクラシカルなコーディネート

「このモデルはコーデュロイの襟付きということもあり、クラシカルな感じに振りたくて、レディな雰囲気のツィードのスカートに、インナーにはチェックのシャツを合わせています。小物もクラシカルなものにこだわって、小さめのレザーバッグ、胸元にはパールのネックレスを取り入れています。足もとの黒いサイドゴアブーツも含めて、全体的にシックなイメージでオンのシーンでも使えるコーディンネートにまとめました」

 

5. 裏地ファーの[ラムジー]をラグジュアリー☓メンズライクなスタイリング

「裏地がファーのモデルだったので、ファーのラグジュアリーな雰囲気を残しつつ、メンズライクな要素を取り入れてみました。コーデュロイのワークシャツをタックインでやや太めの太畝コーデュロイパンツを合わせて、キレイ目なんだけど抜け感がありつつ、でもあまりキレイになりすぎない感じに。メンズっぽいブライドルレザーのサッチェルバッグでも抜け感を演出しています。今回のルックの中では、一番真似のしやすいコーディネートかもしれません」

 

6. [クラウンランド]のスカートのボリュームを活かしたスタイリング

「ラベンハムの中では珍しい、キルティングのスカートが主役なので、ニットをタックインして、ネップのような凹凸のあるスカートに素材感がバッティングしないようにウールのコートを羽織らせました。2タックでボリュームのあるスカートに合わせてシューズもソールに厚みがあるレザーシューズを合わせています。また、スカートの長めの丈に合わせてロングコートを選んでいます。マフラーのチェック柄も、さりげなくスカートと合わせています」

 

7. スタンダードな[ブランドン]に遊びを加えたコーディネート

「[ブランドン]は定番でスタンダードな雰囲気のあるモデルなので、ボーダー柄のガンジーニットと、センタープレスの入ったグレンチェックのウールのボトムスという、“柄on柄”のコーディネートで表情を作りました。ボトムスはちょっとおじさんっぽい感じの太めのものをチョイスしているところもポイントです。Aラインシルエットの為、太めのパンツとの相性が良いです。スタンダードなモデルこそ、遊びを入れるとお洒落になります」

 

8. [バーハム]をインナーに使ったスタイリング

「[バーハム]は襟元のVラインがキレイだったので、それをうまく見せたいなと思いました。コートは可愛くなりすぎないように、トレンチの変形のものをチョイス。ベストの下にはラウンドカラーのニット、ブラックウォッチの柄のキルトスカートという組み合わせです。足元は黒っぽいものを合わせるのが普通だと思うのですが、アウターのカーキカラーとも相性が良く、カントリー感がある明るいブラウンのジョッパーブーツにしてみました」

 

今回スタイリストとしてラベンハムのウィメンズのルックをコーディネートしていただいた浅井さんは、本職は編集者。これまで携わって来られた雑誌が、あまりスタイリストに外注せずに編集者自らがコーディネート組みをするメディアだったため、今回は浅井さんにスタイリストとしてのお仕事をお願いしました。

カジュアルでありながら随所に遊びの感じられるコーディネートは、ファッションアイテムとしてのラベンハムの楽しさを引き出していただいています。今回の記事やルックを参考に、ラベンハムでの秋冬ファッションをお楽しみください。

2018AWシーズンのルックは、こちらをご覧ください。