人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 長坂磨莉さん編]

人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 長坂磨莉さん編]

人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 長坂磨莉さん編]

ファッションのプロは、ラベンハムをどのようにコーディネートするのか。今回はファッション雑誌やインテリア方面などで活躍するスタイリストの長坂磨莉さんに、ラベンハムの3つの人気モデルを使って、コーディネート例を組んでいただきました。

 

1.[ブランドン]を使った、冬らしい素材のカジュアルなコーディネート

ロング丈で一番人気、Aラインシルエットの[ブランドン]を使ったコーディネートは、ざっくりとしたタートルネックのニットや、ニットのロングタイツなど、冬らしい素材感のアイテムを使ったカジュアルなコーディネートです。

「今回の3つのモデルの中では、この丈の長さもあり、歳を重ねても長く使えそうなモデルだと思いました。合わせる洋服もあまり選ばずに着られるモデルなので、あえてカジュアルなコーディネートにしています。スカートに見えますが、中に合わせているのは実はワンピース。こちらも長めのものをセレクトしていますが、スリットも入っているので、少し女性らしさを出しています」(長坂さん)

都会の休日にもぴったりなイメージの冬のコーディネートは、エイジレスに使える[ブランドン]の魅力を引き出しています。

 

2.[ラムジー ファー]を、凛とした品のある雰囲気に仕上げたコーディネート

ミドル丈の[RAMSEY FUR(ラムジー ファー)]を使ったコーディネートは、全体的にシックで都会的な色味。グレーのトップスにカーキのロングスカート、そしてインナーのタートルネック、シューズとバッグもダークトーンで統一することで、知的な印象に仕上げています。

「実はミドル丈のジャケットって少しコーディネートが難しいアイテムだと思います。パンツだったら今なら太めのものを合わせるのがバランスが良さそうですが、スカートはあえてタイトな方がこの丈感にも合うと思いました。ニットや靴、小物をダークトーンで統一したのは、フードから見えるファーの部分が柔らかい印象があったので、周りもぼやっとさせてしまうのではなく、優しいというよりも凛とした品が漂う女性像にしたいと思いました」(長坂さん)

女性らしい柔らかな雰囲気のある裏地のファーですが、それをスイートな方向にしないようにダークトーンのアイテムで締めたコーディネートは、どこか自立した雰囲気を漂わせています。

 

3.ベーシックな[クレイドン]の中に、さりげない主張を入れたコーディネート

ラベンハムを代表するモデルと言える[クレイドン]。合わせやすいモデルだからこそ、程よい主張のあるアイテムを入れて遊び心のあるコーディネートになっています。少し透け感のある、ベビーモヘアのスカートや、ビビッドな赤のニット、そしてウェルトにスタッズが打たれたシューズなど、合わせているアイテムのさりげない強さにも注目です。

「私が思い描く女性らしさのある色といえば、ベージュ、赤、ゴールド、ネイビー。そういう色をコーディネートに配することで女性らしさを出してはいるのですが、足元に合わせたシューズなど、よく見ていただくと、“控えめで優しい”だけでなく、その中にさりげない自分らしさや強さみたいなものを主張しています」(長坂さん)

ベーシックなモデル、そしてカラーだからこその遊びの効いたコーディネート。少し思い切ったアイテムを、さりげなく取り入れられることを教えてくれる、スタイリストさんらしい提案です。

 

[スタイリスト長坂さんから見る、ラベンハムの印象]

着る人や着る服を選ばないブランドだと思います。ユニセックス感もあるので、個人的にも好きな方向性のブランドのひとつです。色によっても印象も変わりますし、すごくカジュアルにも行けるし、すごくドレッシーにも行けるし、いろんな幅があります。今回コーディネートを作った3つのモデルも、この丈の長さの違いも含めて、順々に試したくなりますね。