人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 小松嘉章さん編]

人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 小松嘉章さん編]

人気スタイリストによるラベンハム コーディネート術[スタイリスト 小松嘉章さん編]

ファッションのプロは、ラベンハムをどのようにコーディネートするのか。今回はファッション雑誌などで活躍するスタイリストの小松嘉章さんに、ラベンハムの3つの人気モデルを使って、コーディネート例を組んでいただきました。

 

1.[デンストン]を使い、柔らかい雰囲気のビジネススタイルにまとめたコーディネート

フード付きで、フードの取り外しも可能な万能選手[デンストン]を、リラックスした雰囲気のビジネススタイルで提案したコーディネート。グレー系のスーツを使いながら、インナーに同色系のニットを合わせるなど、爽やかで嫌味のない雰囲気にまとめています。

「このモデルはフードも付いてやや可愛らしい印象もあるので、ニットを入れたりすることで、その良さをそのまま表現しています。スーツは若干光沢感のあるものを使っていますが、オーセンティックなビジネススーツ。ビジネスでも使いやすいアイテムだと思いますね」

小物使いなども含めて、上品で清潔感があり、好感度の高いコーディネートは、若い世代から、幅広い世代で真似のしやすいスタイルと言えそうです。

 

2.ステンカラーコートの[ボイトン]をカジュアル使いで提案したコーディネート

ライナーにキルティングを配したモデルは近年人気上昇。こちらの[ボイトン]はビジネスのイメージの強いステンカラーコートですが、上品なカジュアルスタイルに落とし込んでいます。リジットのデニムに足元をスエードのサイドゴアブーツでまとめたナチュラルさ、そしてタートルネックの内側にシャツを持ってくることで、少しカッチリとした印象を加えているところにも注目です。

「ラベンハムといえばキルティングですけれど、このモデルはぱっと見はそう見えないのに、ライナーにキルティングを使っていて、こういうモデルがあるのはいいなと思いました。形はステンカラーなのでビジネス向きではあるのですが、少し崩しつつ、きれい目のカジュアルにした提案です。女子受けも良さそうな感じかもしれません(笑)」

ビジネスとオフを兼用する想定で[ボイトン]を購入、もしくはこれから購入を考えている方には、お手本ともなるようなコーディネートです。

 

3.[レイドン]を使った、軽やかな休日スタイルのコーディネート

ホースライディングジャケットのディテールを色濃く残す、ラベンハムを代表するモデル[レイドン]を、オフのスタイルで提案したコーディネート。トレンドでもあるコーデュロイパンツを使い、スエードのチャッカブーツを合わせた足元、そしてフィッシャーマンセーターにマフラーという冬のお手本的スタイルです。

「休日、どこに行っても対応できるようなスタイルを考えました。食事に行く時やクルマに乗る時などに、さっと脱いでも成立する、ラベンハムならではの軽さを意識しています。コーデュロイパンツはトレンドでもありますが、だらしなく見えないところがいいですよね」

リラックスしたオフの時間の気分に寄り添うような、気取らないオーセンティックなスタイルは、冬の行動力をカバーしてくれそうなコーディネートです。

 

[スタイリスト小松さんから見る、ラベンハムの印象]

ラベンハムはキルティングということもあり、カッコいいというよりも、少し可愛いらしいイメージが僕の中にはあります。気軽に着られる軽さもいいですし、ビジネスでもオフでも使いやすいブランドです。今回のコーディネート提案の中には入れなかったですが、インナーダウンのような使い方もできそうですよね。