ロングシーズン使える。春の“隠れキルティング”モデル[ウィメンズモデル編]

ロングシーズン使える。春の“隠れキルティング”モデル[ウィメンズモデル編]

ロングシーズン使える。春の“隠れキルティング”モデル[ウィメンズモデル編]

「秋冬だけでなく、ロングシーズン使えるラベンハムがあればいいのに……」。これは多くの方が抱いていた思いではないでしょうか。この春から、そんなリクエストにお応えできるアウターが複数登場します。“パッと見はキルティングジャケットに見えないラベンハム”は、ロングシーズンの使用を可能にする、ラベンハムの新しい提案です。

“ベーシックで、ロングシーズン使えるアウター”探しは、簡単なようで意外と難しいものです。特に寒暖差の大きい冬から春にかけての時期は、朝のお出かけの前に天気予報とにらめっこをしながらアウター選びに時間がかかります。アウター選びはその日の行動によっても変わってきます。満員電車に乗るのか、外での活動の多い日なのか、夜は遅くなるのか……などなど、複数の要素を考えてアウターの選択をしなければなりません。

そういう時期に便利なのが、簡単に脱ぎ着ができるのはもちろんのこと、ライナーの取り外しによって保温性を変えられるアウターです。

ラベンハムは長年、オモテにキルティングが見える製品作りにこだわってきました。それはブランドのアイデンティティにもなり、多くの方が「キルティングジャケット=ラベンハム」というイメージを持っていただくことにもなりました。しかし中には「ラベンハムは好きだけど、見た目が少し暑そうに見えてしまうので、春先の着用を避けてしまう」という方も多くいらっしゃいました。「春にも躊躇なく着られるラベンハムが欲しい」という多くのリクエストを受けて今シーズン誕生したのが、デタッチャブルライナーにキルティングを配したアウターの数々です。

今回はデタッチャブルライナーやリバーシブルでキルティングを使った、春の新しいラベンハムをご紹介します。

AラインのステンカラージャケットのBLYFORD

パンツスタイルにロングスカートなど、カジュアルなコーディネートで汎用性の高いステンカラージャケット[BLYFORD(ブリフォード)]は、Aラインでゆったりした身頃にデザインされています。このモデルはデタッチャブルライナーを採用しているので、寒い日はキルティングのライナーを付けて、そして暖かくなってきたらライナーを外して使用すればロングシーズン使うことができます。

フード付きコートタイプのFLEMPTON

ゆったりとしたシルエットのフード付きコート[FLEMPTON(フレンプトン)]は、トレンド感を反映したモデル。撥水性のある生地を使用し、フード付き、なおかつ背中にトレンチコートのディティールを採用し、背中の水滴も滑り落ちる仕組みになっているので、レインコートのような使い方も可能です。キルティングのライナーは取り外しが可能なので、寒い時期は防寒ウェアとして、暖かくなってきたら軽く羽織ることができます。スナップボタンで楽に着脱ができるカジュアルさも魅力のひとつです。

長めのAラインステンカラーコート、BACTON

トレンド感ある長めのAラインステンカラーコートの[BACTON(バクトン)]は、メンズライクなデザインですが、シルエットで女性らしさを追求しました。ベーシックなアイテムが好きな方はもちろんのこと、トレンドものとミックスしてスタイリングを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。このモデルに採用されているタッサー地、ツイル地ともに撥水性があり、キルティングのデタッチャブルライナーを使っているので、天候の変化にも強い点も見逃せません。

ラリバーシブルで楽しめる、MELLS

細身ですっきりとした衿なしロングコートの[MELLS(メルス)]は、サマードレスチェックという平織りの混紡生地を使用したオモテ面と、ラベンハムらしいキルティングを全面にあしらった裏面をリバーシブルで楽しめる一着です。キルティングのない面は見た目も軽く、春先のコーディネートに最適で、裏面のキルティングが高い保温性を発揮します。 また、襟なしのデザインなので、寒さの厳しい日にはロングコートのライナーとしても使えます。最大の魅力はその軽い着心地。春の足取りを軽くしてくれるコートです。