2018AWのウィメンズ新作は、“使える個性派”が揃いました。

2018AWのウィメンズ新作は、“使える個性派”が揃いました。

2018AWのウィメンズ新作は、“使える個性派”が揃いました。

オーセンティックなデザインだけでなく、近年はコンテンポラリーなスタイルにもフィットするモデルが登場しているウィメンズ。今シーズンもラベンハムらしさをキープしながら、トレンドを押さえたデザインが揃いました。ちょっと個性派なのにしっかり“使える”4つの新作をご紹介です。

1.ボリュームたっぷりの2タックフレアスカート、[クラウンランド]

[CROWNLAND(クラウンランド)]は、ラベンハムの中では珍しいスカートタイプ。ラベンハムのアイデンティティでもある、ダイヤモンドキルトで作られていて、着丈は76cm(サイズ36の場合)というロング丈なので、今の旬なスタイルにも合わせやすいデザインです。ラブンスター生地とネップチェック生地の2素材展開で、軽さ、温かさが備わっているのはもちろんのこと、通常のアウターよりも中綿の量を少なめにするなど、シルエットがキレイに出るように設計されています。

裾にかけてのボリュームはたっぷりとしていますが、フロントにはツータックが入っているので、ウエスト周りはすっきり。ベルトループも付いているのでベルトアレンジによってサイズ感も調整可能。冬場のスカートスタイルに個性を加える一着です。

フロントにツータックを配していることで、腰回りをすっきりと見せつつ裾にかけてボリュームが出るので、トレンド感を引き出しています。ベルトループも見逃せないディティールです。

2.裏地はファー使いのノーカラー・コクーンコート[パルグレイブ]

ノーカラーのコート[PALGRAVE(パルグレイブ)]は、トレンドを押さえたコクーンシルエット。昨年から人気のある切り替えモデルがアップデートされて今季も登場です。下身頃はラベンハムらしいダイヤモンドキルトのラブンスター生地を使いながら、上身頃は切り替えでウール生地を採用しています。ノーカラーで首元のアレンジを楽しみながら、ラグランスリーブの肩に沿ってすっきりと着られるデザインの一着です。

異素材を上品に組み合わせたこの見た目もさることながら、このモデルの隠れた特徴は裏地のファー使い。すべすべとした肌触りのファーは着心地が良く、保温性も抜群。ウールとラブンスター、そして裏地にファーという組み合わせによって、保温性と軽量性を両立させています。

秋口は薄手のニットなどを合わせて軽やかに羽織れ、寒くなってきた時期でも裏地のファーがしっかりと温めてくれる優れものです。

フロントの切り替えデザインとシルエットが今季らしさを牽引しつつ、裏地をファーにすることで保温性を高め、実用面でもアップデートされています。

3.ノーカラーでゆったりAラインのロングコート[ラウンド]

ノーカラーのロングコート[LOUND(ラウンド)]は、シンプルで使い勝手の良いモデルです。ゆったりしたAラインのロングコートにアレンジされていますが、フィット感は人気定番モデルの[BRUNDON(ブランドン)]タイプ。

ダイヤモンドキルトのラブンスター生地を含めた3素材展開で、ラベンハムらしさはしっかりキープしつつ、襟なしのデザインと程よい丈の長さが多様性のあるスタイルに対応できるようになっています。

カジュアルはもちろん、オフィスへの通勤アウターとしてもおすすめできる便利な一着です。

首元がすっきりと見えるノーカラー。ラベンハムらしい丁寧なコーデュロイのパイピングも上品さを引き出します。

4.裏地にファーを使ったロングのフードコート[ケトルバーグ]

新作[KETTLEBOURGH(ケトルバーグ)]は、裏地に肌触りも滑らかで暖かいファーを使ったモデルです。お店で一度触れてみると、「ずっと触っていたくなる」と評判のラベンハムのファー。こちらのロングコートには裏地全面にそのファーが配されています。

ロングコート+ファーという最強の組み合わせによって、暖かさは倍増。上身頃には敢えてキルティングをかけずにウール地を使っているので張りが少なくなって、肩周りはすっきり。下身頃にラベンハムらしいダイヤモンドキルトを使っており、斜めのパッチポケットのデザインも効いている一着です。

今回ご紹介した新作4型は、定番モデルとはちょっと違った魅力のあるデザインになっています。今季らしいスタイリングをしたい方やラベンハムの魅力を知っている方への2着目の候補としてもオススメなので、ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。