ABOUT

ABOUT

ABOUT

HISTORY

LAVENHAMは1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな美しい村LAVENHAM(ラベンハム)で設立されました。17世紀からの建物をそのまま保存しているLAVENHAM村。 石炭採取により地盤沈下した為に傾いた家が多くあり、 “THE CROOKED HOUSE / クルックハウス”と呼ばれています。

LAVENHAM創設者Mrs. Elliotは当時、エリザベス女王に仕える女官でしたが、ある時キルティング加工をした生地を使い女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作る事を思い付きました。その当時、ホース・ブランケットはジュート麻で作られており保温性が悪く濡れ易いため改善が必要とされていました。

about02

Mrs. Elliotが発案したナイロン・キルティングのホース・ブランケットは1969年に発売され、瞬く間にLAVENHAMのホース・ブランケットが英国中に広まり、乗馬用具業界での地位を確立しました。 ナイロン・キルティングのホース・ブランケットがあまりに軽く、丈夫で保温性が高くまた単価も適正であった為、乗馬愛好家自身が着用するジャケットの要望が高まりました。

1972年多くの乗馬愛好家の要望でナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えていきました。 また同年、LAVENHAMの名を決定的に印象付けた製品、ダイヤモンド・キルティング・ジャケットが発表されました。このキルティングジャケットはベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアの中に高いファッション性と高品質という概念を取り入れ高く評価されました。当初はナイロンが主な素材でしたがその後、ポリエステル、ウール、カシミヤ、コットン等々幅広い素材が用いられるようになりました。その後は、ファッションアウターとしての高い人気と、「キルティングジャケットといえばLAVENHAM」という地位を確立しています。

TIMELINE

1969年
Mrs. Elliotが発案したナイロン・キルティングのホース・ブランケットを発売。
1972年
多くの乗馬愛好家の要望を受けジャケットを発表。
1975年
ジョッパー・パンツを発表。
1982年
ファッションアイテムとしての需要が高まる。
1990年
イタリアで、LAVENHAMのジャケットをスーツの上に着るスタイルがファッション上級者の間に広まり、ファッション分野においてのLAVENHAMの地位を確立。
1993年
日本上陸。同時に日本のセレクトショップからの支持を受ける。フランスのファッションブランドA.P.Cより特別注文を受注。
1997年
ツィード生地のジャケットを発表。世界的ラグジュアリーブランドGUCCIより特別注文を受注。
2002年
英国産業界で最高の名誉にあたる「クイーンズ・アワード」を受賞。
2003年
Sudburyに新工場を設立。設立祝賀会には英王室のアンドリュー王子も訪れ、工場視察をされた。
2005年
日本で開催される数々の乗馬競技会に協賛を始める。
2006年~現在
ユナイテッドアローズ、シップス、ビームス、トゥモローランド等の日本の有名セレクトショップや百貨店からの受注を毎シーズン受け続け、キルティングジャケットの定番として欠かせない存在となる。
2007年
2度目の「クイーンズ・アワード」を受賞。
2012年
日本の総代理店である渡辺産業と東北復興支援活動Happy Bag Project 開始。
2013年
サマーホースショーにてLAVENHAMCUP開催。
2014年
LAVENHAM日本上陸20周年。

FACTORY

about03

現在、世界中で高いデザイン性と安定した品質で高い評価を得ているラベンハムの全ての商品は、サフォーク州サドバリーの自社工場で作られています。

about04

ラベンハムを象徴する定番のダイヤモンドキルトは、ダイヤモンド型の角を交差させ、伸縮性のあるナイロン上糸と、毛羽立たせたポリエステル下糸を使用することでほつれを防ぎ、耐久性を高めています。また、キルティング生地から自社工場で作っているため、様々なお客様の要望にお答えできるのもラベンハムの特徴。馬やイギリス地図など変形キルトも作っています。

about05

自社工場で一貫して作られるラベンハムのジャケットは、生地、スタッド、ウェッビング等を厳選し、1着ずつ丁寧に縫製。その途中、何度も検品を重ね、検査をクリアした高品質な物をお届けしています。